忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月30日に冬コミに行って来ました。冬コミの意味が分からない人や、オタク、同人誌、コスプレといったものに嫌悪感を感じたり、理解が出来ない方はこの先を読まれない方が良いと思います
また、管理人とオフ友の人たちは「奈花がコスプレしようが、そんなん気にしないぜ!私はそれを受け入れてやる!」という気持ちで読んでください。それが出来なければ、この記事のことは記憶から抹消しておくれ・・・。

拍手[0回]

まずは、私の努力を書いておこうと思います。
私は今回「犬夜叉」のかごめでコスプレデビューをしました。実は冬コミという全国レベルの大イベントでデビューするつもりは無かったんです。本当は11月にあったオンリーのイベントでデビューをするつもりでした。しかし2日連続の徹夜のため精神的に消耗仕切ってしまい、その影響かちょっとした大呆けをかまし、できませんでしたorz

コスプレ衣装は全部手作りしましたv(*^_^*)
私は中・高とブレザーだったのでセーラー服の構造が全く分からず、まずはそこから始まりました。いろんな本を読み、1冊だけ買いそれでも完全には同じ構造では無かったのでちょっと変えました。意外と大変だったのはスカートのプリーツです。ひだが少ないと着たときにおしりのところでプリーツが無くなってしまうんです。

かごめのセーラーは11月の時点でほぼできあがっていたので良かったのですが、今回はそれにプラスして演出と防寒(こっちのが比重は重い)の意味を込めて火鼠の衣も作りました。
これがまた大変で、犬夜叉を知ってる人は分かると思いますがあの着物の合わせは普通の着物とは違うのでどういう構造になっているのかがでした。以前からどうなっているのか考えてはいましたが、マンガで犬夜叉が衣を着たり、脱いだりしているシーンを穴が開くほど見、ネットで時代衣装を調べたりしました。

そこでたどり着いたのは、平安貴族や鎌倉以降の武士が着ていた水干狩衣といった着物です。これらの着物の着方で似たような形になるのがあるのでそれを参考に右半身は普通の着物と同じに左半身を水干の様な襟にして襟の部分を内側に折るといった形にしました。ここまでたどり着くのに、実質4,5年掛かりました;(本気で作ろうと思ってからは1ヶ月ですが)

作り始めたのは冬休みが始まってからの1週間。最初は家族には隠していたのですが、すぐに勘ぐられました。元々私が、隠し事が出来ないというのと後半は隠す気が無くなったというのがあるんですが・・・(ミシンの音がね、隠しようが無いのですよ)。
で、できあがったものの出来が、自画自賛したくなるものでした。本当に頑張ったよ自分☆(袖のところがちょっと気になるので今度直しますが)


さて、こんな事をしていたため、私の部屋はいっさい年末の大掃除をしておりません(爆)。きちゃないです。
机の周りも掃除していないので教科書とノートが山積み状態。部屋のカレンダーも変えてません(苦笑)。ぼちぼちやっていきます。

30日の朝、5時半頃に起きて6時45分頃の電車に乗って国際展示場まで行きました。りんかい線に乗り換えた時点で、すでに乗客の大半は同じ目的地な雰囲気を醸し出していました。(類は類を嗅ぎ分ける・・・)
駅に着くと、覚悟はしていましたが、ものっすっごい人でした。そこからは電話やメールの電波が混雑してしまい、上手く繋がらなくなってしまいます。特にメールはセンターにあるのは分かっているのに、届かないといった具合です。
駅で友達は私と合流するつもりだったようなのですが、上手く連絡が取れず私は一人で、西側の一般参加者入口に並んでしまいました。けれども、なんとか電話が繋がり一旦列から抜けて合流することができました(^_^;)

その時、彼女に私は「大手のサークルさんの同人誌買うのに並んでくれない?」と頼まれ、サークル参加もしている彼女のサークル参加者が優先的に入れるチケット(?)を渡され、開場前に入りました。
彼女も別のサークルさんの所へ並ぶため、私は一人置き去り・・・でも、彼女が並んでいる人たちに声を掛けてくれて(全く知らない他人さん)私の面倒を見てもらえることに(いくつだよお前)。
とっても親切なお姉さんでしたv(^_^)ただ、買い終わったときに混雑していたのと、私とそのお姉さんが買った列が違ったのでお礼が言えませんでした(>_<)

その後、混雑した会場でどうにか友達と再会し、たこ焼きで腹ごなししてからいざ、コス着替え!
更衣室に入り、一緒にコス衣装へ着替えました。別にコス合わせしようとかは言ってなかったので(私を東京ビックサイトに連れてって欲しかっただけ、ここまで一緒にいてくれるなんて思ってなかった)、私はかごめで、彼女は電王のコスでした。全く違うジャンルなコンビが出来上がりました(笑)。
私はコス初心者だったのでメイクのこととかもあまり考えていなかったため、最低限のコスメしかもっていませんでした。特に私も母もアイメイクをしないので、アイライナーなども無く、彼女から借りました。

コスプレをすることに関しては抵抗は無かったのですが、やっぱり人前に出るということで緊張しました《゜_゜;》
コスをしたまましばらくはサークルさんを回りました。やっぱり年末ということと、最近勢いが衰えてきていることも手伝って(T_T)犬夜叉のサークルさんは少なかったです(泣)。
私は犬夜叉の他はコナンくらいしか興味が無いので他のジャンルは同人誌を買うほどではなく、結局は犬夜叉の同人誌を1冊買っただけでした。だけど、いつも朔犬のコスをしている人(今回はしていなかった)とお話もできたし、楽しかったです。
友達の目当ての同人誌も買って、さてコスプレ広場(コスプレイヤーを写真撮っても良い場所)へ行こうかとした時に、なんと犬夜叉と弥勒コスのレイヤーさんとすれ違ったのです!向こうも気がついて、思わず会釈し合ってしまいました(笑)
ただ、本当に入れ違いになってしまったので、写真はおろか話すことすらも出来ませんでした(>_<)

そのあとはずっと屋外にあるコスプレ広場にいました。日が陰ってきたのと海風のせいで寒かったです。そこで、私の努力の結晶・火鼠の衣が登場!このまま日の目を見ずに終わるかと思ってましたが、なんとか役目を果たせました☆

午後4時にイベントは終了。私たちは着替えて、化粧を落として帰りました(化粧落とさないとケバい)。帰りの電車は大変混むのですが、彼女が出来るだけ座れるルートを考えてくれたので、座って帰ることが出来ました☆
彼女は次の日、31日も参加したそうです。・・・お疲れ様です(_  _ )


お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]