忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ら、来週で犬夜叉最終回---!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll) 

とうとうこのときが来てしまったか・・・・

今回はそのまま隠さず、載せてしまいます。ネタバレ嫌いな人ごめんなさい。

犬夜叉の声を聞いたかごめは、独りぼっちの暗闇から希望を見いだす。それに気付いた四魂の玉は「お前の願いはなんだ?」と再度、質問する。けれど、かごめは「私は願わない。」ときっぱりと言う。

私は犬夜叉を信じてる!

ああ、やっぱ、犬かごはいい!(*´∇`*)

会いたいと願うのではなく、絶対来てくれると信じてる!!

四魂の玉の中から冥道斬月破を放つとかごめの元へ。
やっと犬かご~~~!!ぎゅっと抱きしめて、その時の犬夜叉の表情が何とも言えず・・・・(*´艸`)

もう、ここまで、犬夜叉は生きた心地しなかっただろうなぁ。かごめがもし、何かを願ったら永遠に四魂の玉の中で妖怪(+奈落)と戦い続けなければならなくなるのだからね。

腕の中でかごめは四魂の玉に願う

消えなさい。四魂の玉!

永遠に

そこで、四魂の玉は消えてしまいました。
この後どうやって出るのかな?ここって冥道の中、なんだよね?
殺生丸との冥道斬月破を巡る戦いの中で冥道に飲み込まれた時は、内側から切って出られました。が、それは天生牙の光に導かれたからで、犬夜叉もそれを分かっていました。
で、そのことはちゃんと自分だけで出来るようにはなっていませんでした。じゃあ、これでどうにかするということですかね?
それで、かごめは現代か戦国かと選択を迫られる訳になるのかしら?

私は犬夜叉には幸せになって欲しいし、犬かごは離れては欲しくはありませんが・・・・
離れるって、選択もあるような気がします。留美子先生の作品でアンハッピーエンドは見たことはありませんが、どうなのでしょう。


来週で私がずっと追い掛け続けていた作品が終わってしまいます。犬夜叉と出会って、7年。小学校を卒業して、中学校入って、いつの間にかかごめや犬夜叉(人間換算)を追い越して、高校生になって、大学生になって・・・私のティーンエイジャー時代は犬夜叉という作品とともにありました(*´∇`*)

私の絵が上達したのも犬夜叉のお陰。
私が精神的な成長ができたのも犬夜叉のお陰です。
本当にありがとうと言いたいです。

犬夜叉、私を変えてくれてありがとう!

高橋留美子先生、犬夜叉という作品を生み出してくれてありがとうございます!!

拍手[0回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]