忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の「その時歴史は動いた」は源氏物語でした。
その中で犬夜叉の曲が2曲流れてました!
1つは「犬夜叉~想譚詩~」でもう1つは多分「悲運の巫女 桔梗」の別バージョン(歌詞というかハミング?があるやつ)でした。本当に、犬夜叉のサントラって色んなとこで使われますよね~。ファンならすぐに気づきますが、知らない人にはスルーされるんですよね・・・(>_<)
我が家も私が犬夜叉好きでサントラのCD持ってて聴いてたりするから、「半妖犬夜叉」くらいは母でも分かるくらいに浸透はしてますが(笑/母は流れている音楽を見事にシャットアウトする人です)。

「犬夜叉~想譚詩~」はなんか凄く使われてました。
「悲運の巫女 桔梗」は1度だけ使われたのですが、その時のシチュエーションが方違え(運気の良くない方角に出掛ける前日に運気の良い方角の家に泊まるというもの)に来た男が紫式部の寝所に来た―――所謂夜這いをかけた翌朝に詠った歌の時だったのです。内容は「私と一晩共にしたのは私と知ってのことですか?それとも誰かと間違えたのですか?」みたいな感じでした。
・・・ある意味あってる?

あの曲はよく
桔梗←犬夜叉←かごめ
みたいなときに流れてましたから・・・

っは!

考えてみたら、タイトルだけ見ると桔梗←犬夜叉みたいじゃんかよ~(>ε<)

いやね、わたしゃアンチ犬桔じゃないけど、やっぱり犬かご派なのよ!
深読みしすぎって言われればそれまでだけど・・・

あ~~!!もう、何が言いたいかって

犬夜叉のアニメ、復活しろや~~っ!!!(ノ`Д´ノ ⌒⊥⊥

ってことです。


拍手[0回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]