忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

比叡山での修行、どんなものだったかと言いますと・・・


キツかったもの
・食事中は無音無声(会話はもちろん食器を置く音、咀嚼音もダメ)
・お風呂は15分
・その後すぐ就寝のため頭洗えず
・就寝9時か8時半
・起床5時
・基本座る時は正座

苦行
・起床1時45分
・全長約32kmの行者道を歩く(マジで死ぬかと思った)
・筋肉痛


て感じです( ̄∀ ̄)

お坊さんが健脚な理由が分かった気がしました。行者道というのは補整された登山道ではなく、人一人がやっとというような道があったり、絶壁があったりとかなりキツかったです。私は1回崖に落ちそうになりました(゜∀゜;)
そんな道を引率の道場のお坊さん、大学の教授(こちらもお坊さん)はスイスイ登っていきました。遅れたグループを後ろから追い抜いて、道を誘導してまた追い抜いてと・・・
私たちが20分かけて登った道を修行僧は5分で行くそうです(◎o◎)しかも所々で御参りしながら。。。

それを見て、弥勒が犬夜叉と雲母のスピードに着いていけることに納得しました。

夜中に一度全員が懐中電灯を消した時の夜闇には朔の日を想像してみたり(三日月くらいだから暗さは同じくらい)してました(煩悩捨てきれない)。
本当、鼻摘まれるまでわからないくらい暗かったです。あんな暗い夜を独りきりでずっと恐怖に耐えながら過ごしてたのね・・・(ノ_T)

私たちは後半気力と根性で登ってました。

うん、私頑張った。


あと、坐禅止観とか写経とかしました。なんか、精神的に鍛えられた気がしました。

ま、帰ったら一気に元に戻りましたが(笑)


友達も4人参加してましたし、みんなフレンドリーで仲良く頑張れました☆



拍手[0回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]