忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ずいぶん前に某サイトさんに投稿したオエビイラストに合わせて書いたもの。





拍手[16回]


いつまでもガキと思うな背後の彼




side:K

振り向いたらそこに私のベッドに横たわる彼が、上目使いで見上げていた。
「・・・」
「んだよ」
「いや、何やってんのよ。あんた」
「別にべんきょーの邪魔してねえだろうが」
「そうだけど」
(ちょっと今、どきって・・・///
「退屈だ~。かごめ、べんきょー終わったんならこっち来いよ」
「変な意味に捉えるわよ?」
「どうぞ」
「っ!?///

 




side:I


何故だか無条件で安心するかごめの寝台の上で、少し眠気と戦っていた。戦いながら、ぼうと机に向かうかごめの後ろ姿を眺めていた。
(気付かねえかな・・・。こっち見ろよ)
おれの気持ちが届いた訳じゃ無いだろうけど、かごめが振り返った。なのに何故か絶句してやがる。
「んだよ」
おれが居たこと知らなかった訳じゃねえだろうが。
「いや、何やってんのよ。あんた」
何って、それは無いんじゃねえか?
「別にべんきょーの邪魔してねえだろうが」
「そうだけど」
ちょっと待て、なぜそこで赤くなる?
お前それ反則だろ。

・・・だめだ。我慢の限界。

「退屈だ~。かごめ、べんきょー終わったんならこっち来いよ」
わざと、駄々を捏ねるガキみたいに言ってみると。
「変な意味に捉えるわよ?」
案の定かごめはおれが深い意味を込めずに言ったと思ってる。たぶん、慌てるおれを期待してんだろうが、生憎おれはそんなにガキじゃねえんだぜ?
わかってんのか?こいつは。
「どうぞ」
いつもは使わねえ口調で返してみる。

おもしれえ・・・


無理に誘い込みはしねえよ。
拒否する選択肢は残しといてやる。
「否」と答えたら、冗談にしておれが部屋から出て行けばいい。
断られても尚、ここに居続けられる自信はねえから。


「応」と答えたなら、覚悟しておけよ。

いつでも、ガキっぽいと思って安心してんなよ?
お前の目の前にいるのは一人の「男」なんだぜ?


お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]