忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただのバカップル。

拍手[13回]

秘め事


「なあ、もう1回」
「なっ、い、いやよ」
「なんで」
「だって、これ以上は恥ずかしい」
「今更恥ずかしがるなよ」
「だって・・・」
「お前が言い出したんだろう?」
「そうだけど・・・」
「お前がしないなら、ずっとこのままだぞ?」
「う・・・わかったわよ、やればいいんでしょ!」


 

次の瞬間、2人きりの小屋に笑い声が響き渡った。
腹を抱えて笑っているのは珍しくも犬夜叉の方。向かいに座るかごめは羞恥で顔を赤く染め、上目遣いに犬夜叉を睨みつけていた。

犬夜叉の笑った顔が見たい。そんなささやかな願いから、かごめの試行錯誤は始まった。

名前を呼ぶ度に笑いかけたし、会話の中で冗談を言ってみたし、今夜の夕食は会心の出来だったし、今日あったことを面白おかしく話してもみた。

それでも、笑っているのはかごめばかりで、犬夜叉は笑ってくれない。口の端を僅かに上げるものでなく、腹の底から声を出して笑うことを知って欲しかった。
笑わせる手段も尽きかけ、くすぐりも効かなかった犬夜叉に、かごめは半ば自棄になった。

そして見事に犬夜叉のツボにはまったのが、かごめの変顔。
それはもう、すっぽり、きっちり、しっかりと、まるでそのために設えたみたいにハマったのだ。

「もうっ、絶対しない!」
「なんでだよ、おれを笑わせたかったんだろ?」
「外では言わないでよ」
「いやあ、これは他の奴らにも見せるべきだろ」

腹が痛え、と犬夜叉が笑う。それを見て、複雑な気分になりながら、かごめは笑い続ける犬夜叉の背中を強かに叩いた。


***


ちょっと、どきっとした?壁|*'ω')r)) ネェネェ?
いったい嫁はどんな顔をしたんでしょう(笑)
ただいちゃついてるバカップルでお送りしました。
かごめと一緒に暮らしていって、色んな感情や表情を覚えていってほしいです。
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]