忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今夜は『天空の城ラピュタ』でした。
ポチと夜一に今日絶対見るように言われたので、久しぶりに見ました。私は小さい時からジブリを見て育ちました。よって私の中の想像やイメージ(?)の基礎はジブリから来ています(笑)。

小さい時は空を飛ぶことに憧れていました。母は、いつか私が窓から飛び出してしまうのではないかとヒヤヒヤしていたそうです(苦笑)。道具がなけりゃ飛べないと思っていたので実際はそんなことしようなんて考えてませんでしたが(^_^;)
でも、『風の谷のナウシカ』のメーヴェ(ナウシカが空を飛ぶのに乗っているもの)と『魔女の宅急便』の箒にはあこがれてました。今でも、その延長でいつかハンググライダーに乗って(?)みたいと思ってます(*^_^*)

なぜ、ポチと夜一が見るように言ったのかというと、「ムスカを見ろ」とのことです。さりげに人気なムスカ大佐殿。きっとムスカファンは探せばいっぱい出てくることでしょう。

私の小さい頃の『ラピュタ』の見方は「ロボットのアフレコをしながら見る」でした。結構当てはまるんですよ。シータとパズーがラピュタにまで乗ってきたたこをロボットが退かそうとして、二人に止められたときの返答が、「ダ・イ・ジョ・ウ・ブ」と言っているように聞こえたりするんです。
あとは、シータが復活させてしまったロボットに台詞を与えるとしたら・・・みたいなことしてました。

実は初めてときめいたアニメキャラがパズーだったりします((●≧艸≦)
パズーは別段格好良いキャラでは無いのですが、操縦しているときは格好良いと思ったんです。彼の性格も好きでしたし。
今思えば、初めて萌えに近い物を感じたのもパズーですね。頬を銃弾がかすめた瞬間に言いようのないものを感じました(笑)。その当時、恐らく幼稚園児だったと思います。このころから手負い萌えが始まったようです(筋金入り)。

『天空の城ラピュタ』が放映されたのは1986年。今からもう20年以上前になるんですよね。。。うわ~私も年取る訳だわ(笑)。


あしたは、学校があります。多分午前だけで終わるでしょう。その後に夜一と一緒にオープンキャンパスに行ってきます。



拍手[0回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]