忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年になって、3回もアニメ復活の夢を見ました。。。そろそろ末期ですかねf(^_^;) 
友達のHちゃんにこのことを言ったら、「ありえないっしょ。」の一言で終わらせられましたorz 結構凹みましたよ・・・だって、ドラマCDとか出たりするんもんだから期待しちゃうんですよ。それから彼女は連載も終わっちゃえとか言うんですよ。。。終わったあとの私の凹みっぷりを見たいんだと(!?)   

人の不幸を楽しみにするんじゃない!ヾ(。`Д´。)ノ

そりゃぁ、凹みますよ。アニメ終わったときもしばらく凹んでました。受験勉強も集中できなくなったし、代わりにネットにハマって今にいたります(笑)

自覚は無かったけれど、私は犬夜叉の話しばっかしてるみたいです。
この前、部活の男子に私はアニソンしか歌わないと思われていたことが判明(=Д=)確かに、私は犬夜叉のアニメ見るまで流行の歌とか歌手とか興味ありませんでしたけど!OPとEDの曲から広がっていった感じですよ。

話しは変わって今週(?)のサンデー

殺生丸の刀、天生牙は鉄砕牙のいらない部分ということが判明(!)鉄砕牙に取り込んだ冥道残月破の扱いに困った父上が鉄砕牙から切り離して、天生牙にしたそうです。

その事にもちろん憤る殺生丸。まあ、当たり前でしょう。欲しがっていた鉄砕牙は半妖である弟へ、自分は使いこなすことができない癒しの刀を残されたあげく、それは鉄砕牙のいらない部分だったんですから。

しかし私は、殺生丸だからこそ不完全な天生牙を残したと思うんです。

鉄砕牙はしっかりと完成した刀でした。それは使い手になる犬夜叉が半妖だったから。おそらく、犬夜叉が刀の本来の力を引き出す(人間を思う心)と共に成長することを期待したのでしょう。現に鉄砕牙には風の傷や爆竜破のようにもともと技が出来ていました。それを犬夜叉が会得していったわけです。

対して、天生牙は鉄砕牙の一部だったので、完成した技はありません。あの世の使いを切るのは天生牙と使い手である殺生丸が共鳴(?)したから出来るようになっただけですし、技とまではいきません。冥道残月破は死神鬼から奪い取った技であり、完成していません。不完全だからこそ、殺生丸の本来持つ完全な妖怪の力で刀を成長ではなく、完成させて欲しかったのではないでしょうか?

完璧な妖怪の血を持つ殺生丸と、妖怪と人間の血を持つ中途半端な存在である半妖の犬夜叉。父上はそれぞれの良いところを延ばし、足りない部分を補って欲しいと思ったのではないのでしょうか。

きっと来週あたりで、このへんの事ははっきりするとは思いますが。私の考えを書きたかったので、原作とは違うこともあるとは思うので、流してください。                    

拍手[0回]

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]