忍者ブログ

唐梨の木

Since 2006.12.12

2020/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりにSSうp。
これでストックしていた物は無くなったので、またちゃんと書かなくては・・・

犬かご+子どもねつ造です。


拍手[45回]

 
おやこ


あっという間に黒く重い雲が青空を覆ったかと思うと、西の空を光が走った。
「降るのかな?」
 かごめは怪しく曇った空を見上げて言った。うっすらと汗が滲んだ肌に着物が張り付いてきて、気持ち悪い。

「ああ、たぶんな。夕立だろうが」
「そっか、やんだら涼しくなるといいわね」
 隣に立つ犬夜叉も空を仰いで、風の匂いを嗅ぎながら答えた。鼻のいい彼の言うことなら確かだろう。かごめにも分かるほど、風には水分が含まれていた。

 一歩木陰に入れば、日差しと暑さはしのげるが、このまとわりついてくるような湿気はどうにも拭えない。
 せめて夕立で涼しい風が吹いてくるようになれば、今夜は過ごしやすくなるだろう。そんな期待を込めて、空を見上げていたかごめはふと隣に目を向けた。

 純度の高い蜂蜜のような目は、真剣に空を睨みつけている。それとは対照的に、ピンと立てて、神経質そうにぴくりぴくりと動く耳が可愛いと思ってしまった。きっと言ったら、本人は怒るだろうから言わないでおくけど。
 一瞬空が明るくなり、間をおいて低い音が届いた。いよいよ近くなってきたようだ。
びくりと震えた腕の中にいる幼子の様子を見れば、小さな三角耳をピンと立て、不安げに風の匂いを嗅いでいる。

「ふっ、ふふふ」
 あまりにそっくりな横顔がそこにあって、かごめは思わず声をたてて笑ってしまった。
「ん?」
「?」
 突然笑い出したかごめを、これまたそっくりな二対の金色の目が、不思議そうに見つめてくる。

「ほんと、そっくりね」

いつか犬夜叉にそっくりな耳と目を持った子が生まれればいいと思っていた。
けれど、そのそっくりな様子に少し嫉妬してしまう。

本当にそっくりすぎて、愛しすぎる二人なのだ。
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カウンター

新カウンター(2008.9.27)

pixiv

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
奈花(ないか)
性別:
女性
職業:
一応社会人
趣味:
犬夜叉 薙刀 絵を描くこと 読書

最古記事

最新コメント

[10/17 コパン]
[10/17 コパン]
[10/20 高岡 俊哉]
[06/27 渚稚―Nachi―]
[05/12 渚稚―Nachi―]

バーコード

ブログ内検索

AD

PR
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 唐梨の木 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]